ダイハツ「ブーン シルク」に、メーカーオプション「D-tune edition(ディー・チューン エディション)」が追加設定され、7月2日に販売開始された。

「ブーン」は、ダイハツが軽自動車で培ってきた強みを生かして開発した小型乗用車で、「ブーン シルク」はその上級グレードとなる。2017年10月には、エクステリアのドレスアップが可能なアクセサリーパッケージ「スポルザ リミテッドパッケージ」が設定された。

ダイハツ「ブーン シルク」に、街乗りがもっと軽快になる「D-tune edition」
ブーン シルク スポルザリミテッドパッケージ(ブラックストライプ)装着車

今回追加設定された「ディー・チューン エディション」は、「スポルザ リミテッドパッケージ」によるエクステリアのドレスアップに加え、街乗りでの軽快な走りを実現するもの。CVTのファイナルギヤを約20%ローギヤ化し、街乗り速度域での加速性能を向上させた。0~40km/hの発進加速を時間で約8%、40~80km/hの加速を約10%短縮している。